バイナリーオプション リスク

【バイナリーオプションってリスクが高いの?】

FXや外貨預金での資産運用をしばらくしていると、バイナリオプションというものの存在が気になってくるのではないでしょうか。広告などでバイナリーオプションは、「シンプル、低リスク、上がるか下がるか予想するだけ」などとうたっていますが、実際のところ、FXなどと比較してリスクが高いのか低いのかが気になると思います。

 

そういった方のために、バイナリーオプション ランキングをしてみると、どのようなリスクがあるのかが多少なりとも分かってきます。それを解説します。
 


ここでは、FXとバイナリーオプションでのトレードを比較してみましょう。例えば1米ドル=100円の時に、これから円安になると予想して米ドル/円を1万通貨購入したとします。
 


FXの場合は、予想通り円安になって1米ドル=105円になれば、5万円の利益を得ることができます。しかし、もし予想が外れた場合、1米ドル=95円になれば5万円の含み損をしてしまいます。このままポジションを抱えて保有し続ければ、いずれは円安に転換するかもしれませんが、もし証拠金がぎりぎりの場合には強制的にロスカットされてしまう可能性もあります。

 

FXでは、レバレッジを高く設定していて証拠金が十分でない場合、急激な相場の変動にはどうしても強制的なロスカットというリスクが生じてしまいます。ロスカットを免れても、相場の急落などで資金が半分近くなくなってしまうということもあります。

 

そのようなFXと比べると、バイナリーオプションは、そのリスクを予め低く抑えることができ、また損失の額を予測することができます。今回の例で見てみると、1米ドル=100円の時に円安になると予想して購入し、もし予想が外れ円高になった場合は、そこに投入した資金は全て失います。

 

しかし、数万円のような損にはなりません。損はあくまでも実際に投入した資金の金額のみで、それ以上に損が拡大することはないのです。もし1万円をかけていれば、1万円を失い、5千円をかけていれば5千円を失うだけです。

 

これはいくら海外と言っても同じことなので、これから始めてみようかなと考えている方は、考えられるリスクについて事前にきちんと知ることで、リスク管理をしながらトレードに臨むことができるでしょう。

 

おすすめの投資方法としては、毎月一定額をバイナリーオプションに投資し、年間で6〜7割の勝率を保つ、といったものがあります。



目先の勝ち負けや利益にこだわり、毎回の勝敗に一喜一憂するのではなく、あらかじめ自分の資金の中からどれくらいの額をバイナリーオプションに投資できるかを計算し、長期的なプランで取り組むことをおすすめします。


 

top