バイナリーオプションはなぜこれほどまでに人気があるのか?

投資といえば株やFXが話題の中心でしたが、最近ではバイナリーオプションもそれに匹敵するぐらいの人気を持っていますね。
なぜバイナリーオプションは短期間で、これほどまでに人気を獲得したのでしょうか。今回はバイナリーオプションの人気の秘密に迫りたいと思います。


■シンプルでわかりやすいルール

バイナリーオプションが株やFXなど他の投資と違う部分はたくさんありますが、やはり取引ルールが圧倒的にシンプルでわかりやすいというのが最大の違いでしょうか。
一定時間後にレートが上がるか下がるかを予想するだけというのがバイナリーオプションのルールです。どれぐらいの金額になるかはどうでもいいので、選択肢は二つしかありません。
海外のバイナリーオプション業者では、選択肢がより複雑になる代わりに、リターンが大きくなるオプションも用意されていてそちらも人気があるようです。


■市場の影響をあまり受けずに勝負可能

株やFXと違い、市場の動きに大きく影響を受けないのがバイナリーオプションの長所の一つです。
なぜなのかというと、バイナリーオプションはレートを予想するだけで、実際には何も購入するわけではないからです。
例えば株の場合には、購入したときよりも1円だけ上がったから売ってしまおうとはなりませんよね。利益を出すためには、もっともっと高くなるまで待たなければいけません。
上がり続ける保証はありませんし、大きく上がるとしても長い月日が必要な場合がほとんどです。株やFXは様々な要因によって大きく動いたり、逆にほとんど動かないときもあります。
バイナリーオプションであれば、長くても数時間後にほんの0.01円でも動いてくれれば勝負が成立しますので、どんな時でも安定して稼ぎやすいのです。

■損失が限定的でリスクを管理しやすい

バイナリーオプションは損失が限定的なのも特徴です。どんな結果になったとしても、予想外の損失は発生しません。
万が一の場合に、どれぐらい損をするのかわからないと不安になってしまいますが、バイナリーオプションでは購入金額以上に失うことはありません。
信用取引もレバレッジもありませんので、最大でも購入した金額を失うだけです。投資初心者でも、資金をコントロールしやすいのがバイナリーオプションの特徴の一つです。


■短期決戦で勝負が早い

株の世界でもデイトレーダーという短期取引を中心にした投資家がいますが、バイナリーオプションも勝負が早いのが特徴です。
バイナリーオプションでは長くても数時間、早い場合には60秒で結果が出ます。しかも予想が当たればどんなレートであっても、購入金額が倍になって戻ってきますので利益を出しやすいです。
ただし株やFXとは違い、勝負が始まると途中で何もできないという弱点があります。途中で決済はできませんので、分が悪くなったとしても見守ることしかできません。
逆の言い方をすれば、途中で何もできないので、あとは時間まで放っておいても問題ないともいえます。株やFXのように、ずっと画面に張り付いている必要はありません。
ちなみに、60秒などの短い勝負は海外のバイナリーオプション業者でのみ利用できるようで、規制の厳しい日本国内の業者では短めの時間は用意されていないことが一般的です。


 

top